So-net無料ブログ作成
検索選択

一日一食だといつ食べるの?昼食編 [いつ食べる?]

一日一食をやろうとは決めたものの、その一食はいつ食べるのか??

朝なのか、昼なのか、夜なのか、確かに迷いますね。

私は全てを一日一食で試した訳ではありませんが、

このページから3回に分けて、

1、朝食を一番多めに採った、又は全く採らなかった場合、

2、昼食を一番多めに採った、又は全く採らなかった場合、

3、夕食を一番多めに採った、又は全く採らなかった場合

の経験をお話させてもらえればと思います。

2回目は、”2、昼食を一番多めに採った、又は全く採らなかった場合” です。


昼食をがっつり食べてみた!



昼にがっつり食べていた時は、朝の時と同様、

一日二食実践の時でした。朝は普通に食べて、

昼にがっつり食べて、夜は全く食べない。

それが次なる一日二食の目標。昼編でした。





結果は・・・





想像に難くないと思いますが、朝にがっつりの時と同様に、

満腹感により、すぐに仕事に取り掛かれないのです。

ほとんどの方が経験されているのではないでしょうか?


そして多くの場合、眠くなってしまいます。

特に勉強会とか、研修とか、ちょっと興味が薄れそうな仕事になると、

その内容に集中するのは至難の技です。^_^;


そんな姿はサラリーマンとしては失格だと思いますし、

何よりも昼休憩時間も満足に取れない中、

満腹でさらに集中力を無くしているので、仕事が残業の方へ向かうんです。

つまり業務時間内の集中力が落ちているんですね。



昼に食べない時は・・・



これもよくある話ですね。

忙しくて昼食の時間が取れなかった。何となく食べる気にならない。

二日酔いとか体調が思わしくない時は別として、

昼を抜くと、少なくとも午後のボーっとは無くなります。^_^;


でも一日二食実践時は、一日二食で規則正しく食事を採るというのが、

目標でもあった訳で、昼を抜くと一日のメイン料理が無いわけです。

食事好きとしては、一日のメインが無いというのは、残念なんですよね。


だって、この一日二食は夜は食べませんから。

昼を逃すと、もうその日の楽しい食事の時間はありません。

体に必要な栄養は、食事からが基本!という原則からも外れます。


唯一メリットがあると思われるのは、夜に飲み会等、

どうしても断れない会食が入った時です。

昼は食べていませんので、夕食は美味しく食べることができます。

が、お腹がすいていたりすると、ここでもドカ食いしちゃうんですよね。。。



スポンサーリンク






昼型の私の結論



一番のデメリットは、昼食に一番多い量を採ると、

午後の仕事なりの集中力を乱すということです。これはかなりの痛手だと思います。


午後に捌けない仕事は夜へスライドしていきます。

つまり残業です。これではとても健康的な生活とは言えません。


そして就業時間が長いので、空腹や溜まった疲れを癒すため、

帰りについついお菓子に手を出したり、一杯飲みにいったりと、

悪循環に陥りやすいです。


そして夜に会食が入ると、やはり一日三食になります。

朝型でもそうですけど、夜の会食は不可避ですから。

これを朝や昼にするのはほぼ不可能です。


つまり夜は基本的に食べる機会が多いというのが、

次でお話させていただく、”夕食を一番多めに採った場合”に繋がっていきます。


一日一食だといつ食べるの?夕食編


皆様が一日一食によって、健康で、楽しく、イキイキとした毎日を

手に入れられることを心よりお祈りいたします。(^_^)/~


[ひらめき]このブログのまとめページはこちらです♪♪♪



スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
電気自動車でECO

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。