So-net無料ブログ作成
検索選択

一日一食を始めた理由 [始めた理由]

現在、一日一食生活を初めてから、約5ヶ月が経過しました。

心身ともに非常に充実しています。

効果、メリット、デメリット等は以下のページにまとめましたので、

*(近日中にアップ予定!)

ご興味あれば、ご覧いただきたいのですが、今回は、

そもそも何故、「一日一食」を始めたのか?についてまとめてみました。


今までの食生活



現在36歳ですが、20代の時と比較すると、

本当に体のエネルギー消費力とか、胃の消化能力とか落ちたなと感じます。

おそらく10代、20代の時以上に食事を大量に採りたい!

とは、今後はならないはずです。

なったとしても、口が寂しいだけで、

体は欲していないというのが、今はわかりました。



特に数年前の35歳前後から、食べ過ぎた後の体の調子が、

あまり良くないことを実感していました。

その時に、プチ断食(最高2日間)とか、朝食は採らないとか、

昼食は少なめにするとか、夕食はご飯一杯だけとか、

代謝を良くする運動とか、ジムに週2回前後行くとか、

体重とか体の調子を改善しようという試みは色々と試しました。



ある程度は結果も得られるんですが、何か達成感に欠け、

結局体重が元に戻ったり、場合によってはオーバーしたり、

体の調子という意味では、ほとんど効果が無いんですよね。



参考になるかわかりませんが、私は小・中・高・大学

社会人でも少し、野球かラグビーのどちらかをやっていましたので、

代謝は良く(と思っているだけですが)、特に小・中・高の時は食べ盛りで、

胃は膨張の一途だったはずです。



なので、一気に運動の機会が減った社会人1~2年生では、

一気に太りました。筋肉が落ち、脂肪が増えました。

慣れない仕事と、結果を早く出したい気持ち、

仕事優先で、食事の時間も内容もめちゃくちゃです。



そして全く運動をしないことで、代謝が落ちたからだと思いますが、

毎日、何となく体がダルイんですよね。

月曜の朝だけでなく、毎朝ブルーでした。^_^;



これではダメだということで、社会人3年目に、

草野球クラブへの入部とジム通いを始めたのを思い出しました。

社会人になってからは、運動の機会はめっきり減りましたので、

食事量も減らすべきと思うんですが、決定的な対策は無く、

また前に書いた通り、何をやっても効果は中途半端でした。



一日一食生活実験へ



そう、その時の気持ちは軽く実験してみようでした。

キッカケはたいしたことではありません。

元々、プチ断食(2日間のみの断食)はそれまでに3回ぐらいやったことがあって、

実施後は舌感覚も繊細になりますし、体もリフレッシュされた感覚があるので、

一日一食を開始するのには、抵抗はほとんどありませんでした。



一日プチ断食ではちょっと物足らないと思いますが、二日のプチ断食だと、

一時的でも胃が小さくなったのを感じられるのと、

一日ぐらい何らかの理由で食事がとれない日があったとしても、

イライラしたり、空腹で何もやる気が出ないということもありません。

おそらくその延長線上だろうなと軽く思っていました。



あと別の理由があるとすれば、先輩の友人が一日一食を実践して、

体調改善や体重軽減の他に、集中力が続くとか、頭が冴えると、

いう内容を聞いていたので、どちらかというと、

そちらの方に興味がありました。



スポンサーリンク






大切にしていること



経過報告は、変化や気付きがあった度に、

都度、記事アップしていっていますが、

一日一食実践に際し、大切にしていることを記したいと思います。



大切にしていることは、ずばり「食べること」です!

矛盾してるや~ん! 見方によってはそうですね。^_^;



しかしここが面白いなと私も思うんですが、

体は一日三食を欲していない。がっつり三食という言い方の方が妥当ですね。

でもおいしいものは食べたい。ではどうするの??

皆さんもちょっと考えてみてください。




チッ、チッ、チッ、




チッ、チッ、




チッ、




チーン!




どうするか?自分なりの答えは出ましたか?

もし一日一食を実践するなら、ちゃんと考えた方がいいと思います。

そうでないと、継続できないんですよね。実は。^_^;



私の答えは、「一日一食を大切にする」ということです。

三食が一食になったので、食べるものは厳選しています。

三食が一食になったので、値段が安いというだけで食べ物を買いません

三食が一食になったので、食べられること自体に必ず感謝します。



その理由は「食べる」こと自体にとても重きを置いているからです。

「食べる」ことは、体を作ることですし、

「食べる」ことは、毎日行うことですし

「食べる」ことは、私にとって楽しいことです。

このような些細だけども、めっちゃ大切な事を今まで蔑ろにしていた、

いや、ほとんど気にもしていなかった自分に気付いたのです。



つまり、一時的な食事制限も、時には運動もしていた私が、

特に大きな成果を得られることなく、日々も何となくダラ~っとしていて、

毎日が、時間だけが、過ぎていく・・・。

どこをどうすればいいのか・・・。



これを何とかせねば!と思って、興味を持ったのが一日一食生活の実験なのでした。

それで、前に書いた体調改善の他のメリットがあるなら、

一石二鳥、一石何鳥?になるのだろう?とワクワクし始めたのでした。



経過報告を見ていただければおわかりのように、

今はもう実験ではありません。実践です。

一日一食はもう生活のひとつ

いや、ほぼ意識することのない習慣です。



そしてこれが、このブログを始めた動機、

そして、興味をお持ちの皆さんにも、

一度は是非試してみてほしいと思った理由です。



ヒヤカシでも構いません。ざっと見で構いませんので、

当ブログ内の各種記事をのぞいてみてください。

一日一食を実践しなくても、何らかの気付きを皆さんにご提供できれば、

それ以上の喜びはありません。



皆様が一日一食によって、健康で、楽しく、イキイキとした毎日を

手に入れられることを心よりお祈りいたします。(^_^)/~

[ひらめき]このブログのまとめページはこちらです♪♪♪



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
電気自動車でECO

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。