So-net無料ブログ作成

一日一食にて空腹への対処法&考え方~その① [こんな時は・・・]

一日一食実践をする中で必ず経験するであろう空腹

もし、もう経験しない、またはその対処法を自分なりに完成されている方は、

ほぼ一日一食生活は完成し、このブログを、

先に読み進む必要はないかもしれません。^_^;

しかし一日一食に慣れてきても、空腹は経験しますよ。

一日一食を継続するなら、空腹をどう捉えればいいのか?

私なりの考えをまとめてみました。



実は空腹感が大切だったりする



何故、そんなことを??を思われました? ^_^;

もう少しお付き合いください。ご説明しますね。



そもそも、私の一日一食生活の目的は、

健康で、楽しく、イキイキとした毎日を手に入れる

でした。

それ実現するため一日一食生活を始めた訳ですが、実は空腹の時に、

「健康で、楽しく、イキイキとした時間」が手に入るのです。

何故か?



それはですね、空腹の時にこそ、食べたものへの消化作業自体に、

エネルギーを使うことが最小限になっていて、

まさにその時!脳の働きが一番活性化!!しているからです。



これは多くの他のサイトでも説明があるのですが、

私も実践する中で実感したことです。

これを利用しない手はないと思いますよ。

むしろ、空腹感を楽しめるようになったらもう占めたものです。

だってその時に、ヤル気、集中力等を発揮する土台が揃った訳ですから。



空腹感に堪えられず、めっちゃ食べたくなった時は?



すんごい端的に言うと、めっちゃ食べては「ダメ」です。^_^;

別の言い方をすると、「どか食い」とも言えると思いますが、

一度だけならまだしも、何度も続いてしまうと、

なかなかその「どか食い」習慣から抜けられなくなってしまいます。

ダイエットとかでよく言われる反動ですね。

では、どうすればいいのか?



どか食いしないのは当り前ですが、ちょっとだけ食べてみてください。

いわゆる間食ですね。そして、少し時間をおいてみてください。

空腹感が紛れたのを感じることが出来るかと思います。

*(近日アップ予定!)一日一食実践での間食



それでもまだ空腹感を抑えられないと言う方は、

消化に時間の掛かる食べ物ではなくて、消化が速い

または消化に負担の掛からない食べ物を食べてみてはどうでしょうか?



私の場合、以前に「野菜のどか食い」をしたことがあります。

キャベツ等を切る際に、まずキャベツの葉を水洗いするため、

ボール等にその葉を一旦置いたりすると思いますが、

そのボール一杯に切った野菜をてんこ盛りにして、それを食べるんです。



野菜ばっかりなので、体にいいと思いませんか? ^_^;

ボールいっぱいの野菜で胃がもたれるのでは?

と思われるかもしれませんが、満腹感の割りに、

消化への負担はそれほど多くはありません。



スポンサーリンク






ちなみに私はこのボール一杯の野菜に、少しの肉(スライスハム等)を入れて食べ続け、

定期的な運動もありましたが、体脂肪10%を切ったことがありました。

さすがに毎回野菜だけでは栄養も偏りますし、

そして飽きちゃうんですよね。。。

ま、今ではそのような対策も必要無くなった訳ですが。^_^;



そもそも空腹感はどこから生まれるのか?



実はこの質問はとても大切です。

というのも、私は一つの経験をしたからです。

キッカケは私自身ではないのですが、既に実践の先輩から、

ある言葉を耳にしました。



「空腹感は、意識から生まれている」

え?



だから、

「空腹感は、自分の意識から生まれている」

は?



別の言葉にしましょうか。^_^;

「空腹感は、あなたが創り出しているんです」

ええ~っ!!



はい、これには私もビックリしました。

つまり、腹が減るのは、あなたが腹が減ったと感じる

又は、腹が減ったと考えるから、腹が減るのだというのです。

信じ難いですか? ^_^;



長くなってきたので、続きはその②にて。



皆様が一日一食によって、健康で、楽しく、イキイキとした毎日を

手に入れられることを心よりお祈りいたします。(^_^)/~

[ひらめき]このブログのまとめページはこちらです♪♪♪



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
電気自動車でECO

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。