So-net無料ブログ作成

一日一食でリバウンドを防ぐには? [こんな時は・・・]

ダイエットでも一日一食でも、やはり気になるリバウンド

どのようにすれば、リバウンドを防ぐことができるのでしょうか?


以前の私のリバウンド経験



私にとってのリバウンド経験は、以前にプチ断食を二日実施などで、

体感覚すっきり、体重も平均で2~3kgは落ちた時でした。

(二日間のプチ断食は少なくとも3回以上は経験有)



その後、三日目からは食事を戻していくのですが、

その戻し方に注意しないと、まさにリバウンドの憂き目に会うことになります。

いわゆる、「復食」って、やつですね。



この復食を重要視していなかった私は、当然リバウンドを経験します。

プチ断食でリフレッシュした体繊細になった舌感覚、

そしてプチ断食終了の充実感・・・、もうその後の展開はわかりますね。^_^;



復食で大切なこと



それは、徐々に食事の摂取量を増やしていくことです。

特にプチ断食直後などは、気をつけてくださいね。

例えば、初食をプチ断食前の通常食事に戻したとしても、

リバウンドしますから。どか食い等は言語道断



プチ断食によって、体はリフレッシュされ、吸収能力は上がっています。

そこに一気に食べ物を放り込むと・・・、はい、リバウンドします。

(私も経験しましたし、プチ断食の意味がほぼ無くなるので、

復食は気を付けましょうね。^_^;)



特にプチ断食直後などは、最初の食事が美味しいんですよね。

舌感覚もリフレッシュされていて、以前より味が繊細に感じられるのです。

だからこそ注意が必要です。



スポンサーリンク






リバウンドしにくい食事



端的に言うと、糖質が少ない食事にしましょう。

糖質の多い典型的な食べ物は炭水化物ですが、最初はこれを少なくしましょう。

ごはん、パン、麺類などなど、いわゆる主食ですね。

甘い物は、特に美味しく感じられ、要注意です。



私の一番のおすすめは野菜です。体にいいのは反論の余地はないでしょう。

もしくはスープ等で少しずつ摂取量を増やしていく等もいいですね。



復食の時間軸としては、断食の場合ならば、

断食日数と同じぐらいの日数で、元の食事に戻していきます。

もしくは・・・

ここで元の食事量を減らしてしまうというのも、

もちろんアリ!です。むしろ減らすチャンスですよ!!



私の以前の経験でも書いたのですが、プチ断食等をしても、

結局元の食生活に戻ってしまい、何のためのプチ断食なのか?

と自問自答したことがありました。



こんなときこそ、いっそのこと、元の食事量

いや食事の内容までも見直してみてはいかがでしょうか?

実は、そうすると、リバウンド等気にしなくても良くなります。



皆様が一日一食によって、健康で、楽しく、イキイキとした毎日を

手に入れられることを心よりお祈りいたします。(^_^)/~


[ひらめき]このブログのまとめページはこちらです♪♪♪



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
電気自動車でECO

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。